デジタルスクリーン製版とは

SCREEN
MAKING

不可欠だった乳剤を
使わない製版技術。

今までのシルクスクリーン印刷には、乳剤+ポジフィルム+スクリーンを紫外線で反応させて作る乳剤版が欠かせないものでした。しかし、乳剤を洗い流すことは水を汚し、また乳剤の乾燥にも時間がかかりすぎるなど、改善すべき問題点も多くありました。これらの課題をすっきりと解消してくれる、デジタルスクリーン製版技術の普及こそ私たちの使命です。

01
/
02

時短の時代を担う
デジタルの製版。

乳剤を洗浄したり、乾燥させたり。乳剤を使う従来のシルクスクリーン印刷で莫大にかかっていた時間と手間を一気に削減。まずは専用フィルムを張ったフレームをデジタル製版機にセット。あとはパソコンからデータを送信するだけで、サーマルヘッドの熱がフィルムを開孔し、約2分で製版工程が完了します。半日仕事だった製版が、わずか数分になったスピード感を実感していただけます。

スクリーン製版工程の比較

02
/
02